必須知識?LED照明が普及し始めた主な原因を整理しましょう

消費電力量を減らせるので節電に繋がる

LED照明は、何と言っても消費電力量が少ない点に特徴があります。従来の蛍光灯などに比べると、電気代は数分の一で済ませられます。ランニングコストが低くなるというのも大きいですが、日本の二酸化炭素排出量を減らせるというのも大きいですよね。家計にも優しいですが、日本が世界に対して打ち出した二酸化炭素排出量削減の公約を達成させるためにも役立つアイテムです。各家庭でLED照明の導入が進めば、日本はより良い国になるのではと言われています。

LED製品が安価になってきたのも大きい

ただ、昔はLED照明と言っても高額で手が出ませんでした。しかし、最近ではむしろ従来の蛍光灯と比べても割安感が出てきています。今後はさらに値段も安くなっていくことでしょう。一度買ってしまえば、相当長い時間使い続けることができるので、結果的にはお財布にも優しい結果になります。早めに交換をしておくと、生活も楽になるのではないでしょうか。電気代は案外馬鹿にならない出費だからです。家庭によっては、数千円も電気代が安くなる可能性はあります。

交換の手間がかからないのがポイント

一般的にLED照明の寿命は、五年から十年の間だと言われています。一日どれぐらい使うのかによっても寿命は変わってきますが、場所によっては二十年ほど使い続けることができる場合もあるかもしれません。これだけ長い時間使い続けることができるということは、それだけ電球交換の手間も省けるということになりますね。交換をするのが難しい場所ほど、LED照明を使う意味が出てくるわけです。お年寄りの家庭でもLED照明が重宝されているのには、こうした理由もあります。

LEDライトパネルについて、簡単にご説明します。高揮度な白色LEDチップを配置した光源で、室内のインテリア、パネル展示、屋外のメニューボード、フロアガイド、電飾看板等に使います。